飲食マンを通じて転職者を募集している飲食店の“社長”へのインタビュー OWNER’S INTERVIEW

テーマは“Farm to table”
生産者の熱き想いを形に!

株式会社ファンゴー代表取締役 CEO 関 俊一郎

関 俊一郎

カルフォルニアの大学進学の際に触れたサンドイッチの文化や犬も一緒に連れて来れるドッグカフェに感銘を受け、日本での展開を決意。
帰国後、経営コンサルティング会社を経て起業。
現在は創業店となるサンドイッチとハンバーガーの専門店「FUNGO 三宿店」、イタリアンダイニングレストラン「FUNGO DINING 西新宿店」、“Farm to table”をテーマにした「bistro BARNYARD Ginza」、アップルパイ専門店「GRANNY SMITH APPPLE PIE&COFFEE」を展開。

飲食との出会い

カルフォルニアの大学在学中に毎日のように食べたサンドイッチと、また当たり前のようにあった犬も一緒に同伴できるようなお店が日本に無かったんです。帰国後、経営コンサルティング会社に就職。2年後起業を決意しました。世田谷三宿に1号店をオープンしたのですが、当時は全くなにもない場所。とはいえスタートからご好評いただき、順調な滑り出しとなりました。良いことばかりではなく、出店、撤退と幾つかの波乱もありました。当時は“あきらめない”この一心でがむしゃらにやってましたね。(笑)

「GRANNY SMITH」 の誕生

「GRANNY SMITH」 の誕生

FUNGO三宿店の前のラーメン屋さんが撤退することになり、色々な方が内見に来ていました。ふと眺めていた時に「この公園を目の前にした景色を損ないたくないな。」と感じたんです。雰囲気が合わないお店ができるくらいならウチでやろう!!という発想になりました。アップルパイのお店を決めたときは正直周りからは成り立つの?とご指摘も沢山ありました。でも元々アップルパイが好きだった(笑)のもありますが、アメリカでは家庭のおばあちゃんの味。日本で言うならおふくろの味噌汁といった食べ物なんです。店名のGRANNY SMITHは青リンゴの品種なのですが、GRANNYとはおばあちゃんという意味もあるんです。さらに店名をGRANNY SMITHと名づけるなら、リンゴもGRANNY SMITHを使おう!と。でも、日本には無かったんです。じゃあGRANNY SMITHを植えよう!!という思いに繋がりました。

“Farm to table”への想い

現実のリンゴ栽培は大変でした。農家さんの実情は儲からない、後継ぎがいない、夢がない。この現実を逆手に取り「一緒に夢を作ろう!新しいマーケットを作ろう!」と思い至ったのです。3年前からリンゴの生産農家さんが東京に来てくださってリンゴを直接販売するという試みを行っています。作っている人の顔が見られるりんごを直にお客様がご購入し、「美味しい」「ケースで買いたい」「また来年もきてね」と生の声が聞ける。この試みの原点が“Farm to table"なのだと思います。安心・安全は当然ですが原点は「出会い」、「生産者の熱い想い」、「購買者の感動」であると考えています。銀座にあるbistro BARNYARDはまさしく世界中の生産者の熱き想いを“Farm to table”という形でお届けするレストランです。

これからの会社のビジョンは

これからの会社のビジョンは

急いで無理な出店はしたくないと思っています。やるからにはこだわりを持って出店したいですね。またメンバーも志の高い人間が多いです。将来の独立もそうですが、根本にあるのは「お客様が喜ぶ」をミッションとすること。また「生み出す、作りだす」パワーがあるということです。会社のコンセプトは2つ。1つ目は世界のどこにあってもおかしくないという考え方の“グローバル”。2つ目は不偏的であること。例えば100年前にあっても100年後にあってもおかしくない“ユニバーサル”。この2つから逸脱せずやっていきたいと思っています。

COMPANY INFORMATION

会社名
株式会社ファンゴー
店舗名
FUNGO FUNGO DINING BARNYARD GRANNY SMITH
エリア
世田谷、新宿、銀座、青山、横浜等
企業URL
www.fungo.com/

PAGE TOP